30,000円以上のお買い上げでピンのエコバッグをプレゼントいたします!

こんにちは、ゴルフショップオカムラ管理人です。

先日掲載した50周年記念モデルのアンサーですが、本当に一瞬で完売になりました(^_^;)。

まぁあのパターはピンファンなら絶対欲しくなりますよね。。。

 

その代わり、というわけではないのですが、年末に向けてもう一つキャンペーンを行います!

それが…

 

3万円以上のお買い上げでピンのエコバッグをプレゼント!

 

キャンペーンです!!

 

ちなみにデザインはこんな感じです。

 

折りたたんだ状態。

 

表面の質感。

 

マチもしっかりとってあって実用的。

 

開いた状態。

 

エコバッグは普段使いするものなので割と実用的かなと。

新品なのでちょっと質感がごわつきますが、使い込めば柔らかくなるかなといった感じです。

なぜ「エコバッグ」というチョイスになったのか聞いてみたい気はしますが(笑)、たまにはこういうのがあっても良いでしょう。

 

数はまだ確認していませんが、無くなり次第キャンペーン終了という形を取りたいと思っています。

無くなった場合はこのブログにもその旨記載させていただきますね。

グライドウェッジ、iアイアン、ケーデンス TRパター、ラプソディシリーズの注文受付は12月5日13時までとなります。以降は販売終了となりますのでご注意ください。

管理人自身「えっ!?!?!?」と驚いてしまった情報なのですが…

 

グライドウェッジiアイアンケーデンス TRパターラプソディシリーズが12月5日13時を持って販売終了となります。

 

冗談ではありません。ガチな話です。

既にグライドウェッジの56度 左用WSのように、在庫が無い商品もあります。

 

上記4モデルは自分が昨年1月にアメリカへ行った時に発売された新商品なので「もう?」という思いが強いですが、本当に販売終了になってしまうようです。

 

びっくりというか何というか…

 

グライドウェッジが無いと、単品ウェッジがEYE2 ゴージウェッジだけになっちゃうんですが」

iアイアンが無いと、iブレードGアイアンかという極端な選択肢になってしまうんですが」

ケーデンスTRパターが無いと、パターの選択肢がヴォルトカーステン TRしか無いんですが」

ラプソディシリーズが無いと、女性用モデルがそもそも無くなっちゃうんですが」

 

う〜むむ…何もこんなにいきなり減らさなくても良いのではないかと思いますが。

特に女性用モデルに関しては完全に売るものが無くなってしまうので、新作が発表されるにしてもその間売上ガタ落ち。

正直かなり困ってしまいます。

 

フィッティングする上でもiブレードに(ビジュアル的に)対応するウェッジが存在しない状態が長く続くことになってしまいますし…。

 

実はピンゴルフジャパンの本社、赤羽から埼玉県の戸田市に社屋が移転するんですよね。

5階まである大きな本社になるようですが、その辺の関連もあるのかなぁと…

とはいえ、急に「今年で販売終了します」と言われましても…こちらにも準備というものがありましてですね…

 

アメリカだと古いモデルも継続して販売し続けていますし、ひと昔前までは新作が発表されてもそれまでのモデルが急に販売終了になったりはしなかった(追加番手の注文も楽でした)ので助かっていたんですが…

 

うちはピンの専門店なので、商品ラインナップに急に穴が開くのはちょっと(いやかなり)困ってしまいますね。

ま、年末に向けてオマケを付けるなど色々考えてはいますが…頑張りますか。

女子メジャー王者ブルック・ヘンダーソンの使用パターが…

史上最年少の18歳でメジャー制覇を果たしたピン契約のブルック・ヘンダーソン。

当時の使用パターはヴォルトパターのオスロでした。

今も使用パターそのものは変わらないのですが…

 

 

ピンUSAのツイッターを見るとこんな可愛らしいピンクのカラーリングに変わってました!!

ババさんの使うショッキングピンクなクラブとはちょっと違って、どことなく落ち着いた雰囲気ですね。

 

 

さすがにこれはプロ専用の特注仕上げです。

それにしてもお洒落なカラーリング。

 

ヘンダーソンは男子プロ顔負けの48インチ長尺ドライバー(なんとバランスはD8!)を使っていることでも有名ですが、パターがこんな可愛らしくなっているとは思いませんでした。

現在米国女子ツアーの賞金ランキングは3位。この調子でトップを目指してほしいものです。

(ちなみに4位にもピン契約のチョン・インジが入っており、上位5人中2人がピン契約プロです)

50年の時を越えてスコア58を叩き出した「オールドアンサー」。

ピンからアンサー誕生50周年記念パターが数量限定で発売されるとのことで、今年話題になった「オールドアンサー」の話を。

今年8月の記事のちょっとした続報です。お楽しみください。

 

 

さて、今年はPGAツアーとその下部ツアーであるWeb.comツアーでスコア「58」が記録されていますが、Web.comツアーでスコア58が記録されたのは史上初めて。

 

その達成者がピン契約プロのステファン・イェーガー(Stephan Jaeger)です。

 

 

彼は2012年初めの時点ではまだアマチュアでしたが、その頃の写真では既にピンの帽子をかぶり、ピンのパターグリップが付いたパターを使用しているようでした。

 

ただ、当時は最新モデルのパターを使っており、50年前のアンサーを試合でも使っていたわけではないようです。

また、2015年の全米オープン予選でも最新モデル(ケーデンスTRパターのラスラー)を使用しており、オールドアンサーの使用形跡はありません。

 

彼がオールドアンサーをバッグに入れているのが確認できるのは2016年6月の「コラレス・プンタカナリゾート&クラブ選手権」からです。

 

何故50年も前の古いパターをバッグに入れることになったのか、ちょっと調べてみたところ…

 

友人のクローゼットに眠っていたものだった

 

ということが判明(笑)。

シンプルなルックスが気に入ったらしく、ツアーで使ってみることにしたようです。

 

しかしその一戦で使用をやめずしぶとく使い続けていた結果、オールドアンサーをバッグに入れてから6戦目の「Elli Mae Classic」でスコア「58」を叩き出し優勝を果たします(4日間の最終的なスコアは「58-65-64-63」)。

 

上の写真をご覧頂けばお分かりの通り、彼の使用しているオールドアンサーは昔のままです。

特に重量を重くする改造もしておらず、現代の高速グリーンで使用するにはバランスが軽すぎることでしょう。

 

であるにも関わらず、彼は見事優勝を果たしました。

今年はゴルフワールドカップにも出場しているようです。

 

「最新こそ最高」がピンのモットーであるにもかかわらず、50年前のモデルをプロが試合で使いたくなってしまう(!)ということに、ピンのオールドモデルには捨てがたい魅力があるんだなと実感しましたね。

アーロン・バデリーが使うプロトタイプのピンパター。

今回はかーなーりマニアックな情報をご紹介。

今年10月にピンの契約プロになったアーロン・バデリーですが…

 

 

彼が使用しているパター、実はピンのプロトタイプモデルです。

気になるそのデザインですが、彼が以前使用していたオデッセイのモデルとそっくりなんですよ。

 

 

(写真はGolfWRXより)

 

こちらがバデリーが以前使用していたモデルで…

 

(写真はGolfWRXより)

 

こちらが今バデリーが使用しているピンのプロトタイプモデル。

ネックとボディの接合部分の処理がいかにもプロトタイプといった趣ですね。

 

ずっとツアーの動向を追い続けていると、ピンの契約プロがたまにプロトタイプモデルのパターで優勝していることがあります。

例えば2007年のアンダルシア・オープンで優勝したリー・ウエストウッドは、Doc12.5のヘッドにアンサー型のネックを取り付けたプロトタイプモデルを使用していました。

その他にもケッチのプロトタイプモデルをツアープロが使用していたり、目に付く機会は意外と多いんですよね。

 

ただ、プロトタイプパターがそのまま商品化されるケースはそれほど多くないので、今回のバデリーのパターも「今のうちに載せておいたほうがいいかな…」と思い今回取り上げてみることにしました。

多分当サイトでしか見られない、ちょっと珍しい画像だったんじゃないでしょうか(笑)。