ピンの年末年始休暇と、出荷状況について。

昨日も簡単にお知らせいたしましたが、ピンゴルフジャパンの年末年始休暇と出荷状況に関するお知らせです。

大雑把に書きますと…

 

 

こんな感じになります。

 

ちなみに休業の内容を細かく分けることもできる(祝日や本社移転のための休業などに)んですが、それを表示すると複雑になりすぎてわかりにくいと思い簡略化しています。

 

またクラブに関してですが、

 

「標準以外のシャフト・グリップを選択した場合は年内出荷に間に合わない可能性の方が高い」

 

と考えて頂いた方が良いかと思います。

ピンに普段から在庫していないシャフトの場合、このブログ公開日に注文頂いたとしてもギリギリor間に合わないという感じになりそうです。

 

もちろん当店に在庫している標準的なスペックのクラブやアクセサリであれば年内出荷はできますが、注文後組み立てになるような場合はなるべく早くご注文くださいね。

 

また、一昨日のブログでもお知らせしたとおり、

 

3万円以上のお買い上げでピンの非売品エコバッグをプレゼント

 

 

 

させて頂いております。

こちらも無くなり次第終了のキャンペーンですのでお見逃しなく!


プレゼントアンケート、当選者発表です!

昨年末〜今月頭にかけて久しぶりに開催したプレゼントアンケートですが、
130通を超える沢山のご応募を頂き無事に終了することできました。
ピンに対する熱い思いのこもったコメントを沢山頂き、本当に嬉しく思っております。

早速ですが、今回のプレゼントの当選者は以下の10名の方になります。
(抽選にはフリーソフト「抽選王」を使用しました)

 東京都練馬区  K.K様
 愛知県名古屋市 S.A様
 愛媛県松山市  S.A様
 岐阜県瑞浪市  K.I様
 群馬県前橋市  M.I様
 岡山県岡山市  M.S様
 岡山県津山市  H.Y様
 北海道札幌市  N.K様
 千葉県流山市  Y.Y様
 大阪府交野市  Y.T様

また、複数の方から頂いたコメントは先日のアメリカ出張時に
ラウンドテーブル(役員の方々との質疑応答)で質問させて頂きました。
質問に対する回答も特集ページで掲載したいと思いますので、
掲載までもう少々お待ちください。

ちなみにこれは後から聞いた話なのですが、
アメリカ本社の研修ツアーで参加者が日本の関係者の場合、
ラウンドテーブルであまり積極的に質問が出ないことが多いらしいです。

が、我々含め今回のツアー参加者の皆さんからは大変積極的に質問が出まして、
予定時間を大幅にオーバーする結果となってしまいました(^_^;)

ただ、その前のめりな姿勢がピン社役員の方々の心を捉えた(?)らしく、
創業者カーステンさんの執務室(今も当時のまま残されています)を
拝見させてもらえただけでなく、ババさんことババ・ワトソンのサイン入り
マスターズフラッグをプレゼントとして頂いてしまいました。

このラウンドテーブルが恐らく今回の出張のハイライトになると思いますので、
早くこの模様を紹介したいのですが…制作が追いついておらずスミマセン。

また、しばらくはアメリカ出張の方をメインで紹介していこうと考えているため、
2月のJGF見学の模様はブログの方でダイジェスト的に掲載することになるかと思います。
何卒ご容赦ください。

ピンから今年のクリスマスカードが届きました!

今年もピンからクリスマスカードが届きました!



やはり今年の主役はこの3人!
大変失礼千万な話ではありますが、このサイトを始めた頃は
日本でピンの契約プロが優勝するなんて想像だにしていませんでした。
(しかも複数のプロが優勝するなんて!)

そもそも当時は契約プロ自体が殆どいなかったですからね…
いやはや、時代は変わるものです。

ちなみに2013年のクリスマスカードはこんな感じでした。



2012年のマスターズを制したババさんがメイン。
ただ、以前全英OPをウェストヘーゼンが勝った時は彼がメインではなかったような…?
やはりアメリカ出身のプロが優勝すると持ち上げ方も変わるんでしょうか(笑)。

ちなみにそれ以前のクリスマスカードにはピンマン(Mr.PING)を
サンタクロースに見立てたものなどが届いていましたね。
今年や昨年のように契約プロを前面に押し出したデザインもいいですが、
昔のクリスマスカードも工夫が凝らされていてなかなか気に入っています。




ちなみにこちら(↑)は去年の年賀状を探している際に出てきた、
2001年秋版のヘッドウェアカタログ(U.Sver.)です。
左が「Tour Baseball」キャップで右が「PING Collection」とのこと。



当時の最新モデルは「TiSIドライバー」と「i3アイアン」でしたので、
これらのロゴがキャップの左右に配置されています。
後ろのストラップ部分は留め金が金属製で、この辺にも時代を感じますね。



いかにもアメリカ受けしそうな質実剛健なデザイン。
秋冬モノということもありますが、全体に落ち着いたカラーリングです。





さらにこんなものも。
ピンジャパン(ピンゴルフジャパンの前身)時代の小雑誌「Ping Story」です!



小さいながらも非常に内容が濃く、この小雑誌に掲載されているピンのこだわりを
伝えたいがために当サイトを作ったといっても過言ではありません。
(この小雑誌に載っている情報の大半は「ピンのおはなし」に掲載されています)

また、当時の日本におけるピンの販売規模を考えると、
この小雑誌を置いていた店は本当に限られるのではないかと思います。
ましてや未だに保管しているところとなると…そうそう見つからないでしょうね。



この「(ピンパターが)メジャー50勝」という文面も、今は昔。
2006年以降、

 ・2006年全英女子OP
   シェリー・スタインハワー(ステンレス・スチール B90
 ・2007年LPGAチャンピオンシップ
   スーザン・ペターセン(Doc 15
 ・2007年全米OP
   アンヘル・カブレラ(レッドウッドパター アンサー
 ・2007年全米女子OP
   クリスティ・カー(G5i Craz-E
 ・2008年クラフトナビスコ選手権
   ロレーナ・オチョア(レッドウッドパター ZB
 ・2009年マスターズ
   アンヘル・カブレラ(iシリーズパター ハーフクレイジーB
 ・2009年LPGAチャンピオンシップ
   アンナ・ノルドクビスト(iWiパター アンサー
 ・2010年全英OP
   ルイ・ウェストヘーゼン(レッドウッドパター アンサー
 ・2010年全米プロゴルフ選手権
   マーティン・カイマー(カーステンシリーズパター アンサー2
 ・2012年マスターズ
   ババ・ワトソン(レッドウッドパター アンサー
 ・2012年全米OP
   ウェブ・シンプソン(G5i Craz-E B

と、合計11個のメジャーをピンパターが制しています。

またパターこそピンのものを使用していませんでしたが、
2007年全英女子OP優勝者のロレーナ・オチョアもこの年の6月にピン契約プロになっています。
2007年度のオチョアはツアー7勝と凄まじい勝率で、もちろん賞金女王に輝きました。
ちなみに翌年の2008年もツアー7勝しているんですよね。恐ろしい…

パター以外のピンクラブ使用者を含めると、2008年全米女子OP優勝者の
インビー・パークや2010年LPGAチャンピオンシップ優勝者のクリスティ・カーなどもいますね。
そこまで含めると膨大な数になりそうですが。


いつの間にかクリスマスカードの話から思いきり脱線してしまいました(^_^;)
ただ、こういった資料をたまに見返してみるとなかなか面白いですね。
今度は昔のアクセサリカタログなんかを紹介してみようかなとも思います。

| 1/2PAGES | >>

最近の投稿

カテゴリー

これまでの記事

頂いたコメント

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

プロフィール

サイト内検索

recommend

recommend

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

このページについて呟く このページをフェイスブックで友達に紹介する