新女性用モデル「G Le2」が発表されました!

こんにちは、ゴルフショップオカムラ管理人です。

 

先日G Leシリーズがついに販売終了になってしまいましたが、G410シリーズの流れを汲む新女性用ラインナップとして「G Le2」が発表されました!

 

https://clubping.jp/gle2sp/

 

ピンゴルフジャパンの公式サイト「Club PING」でもかなりしっかりと特集されていますが、当店は公認フィッター在籍店舗。

 

ピンゴルフジャパンの優秀なフィッター陣からは上記の情報とはまた別のG Le2情報が届いております。

 

今回の記事ではその一部を抜粋・編集する形でご紹介しますね。

 

 

G Le2シリーズのウッドに関して

その1:ボールがよりつかまるようになった!

 

G Le2シリーズのウッドですが、ボールをつかまえて飛ばしやすいG410 SFTよりも更にヒールよりに重心設計されています。

更に日本向けモデルは日本人女性用に軽量なつくりになっているため、非力な女性でもしっかりボールをつかまえて飛ばすことが可能です。

 

その2:ボール初速・ヘッドスピードが大幅アップ!

 

G Le2ドライバーでは、ヘッドがフォージドのT9S+チタンになっています。熱処理を加えて薄くしたことでフェースのたわみ量が増えており、反発力が向上。ボール初速も大幅にアップしました。

 

また、地味な変更ですがタービュレーターの形状も変更。G410ドライバーと同様の形状にしたことでより空気抵抗が少なくなり、ヘッドスピード自体が前作よりアップするように設計されています。

 

その3:弾の高さや構えやすさを自在に調節可能に!

 

G410シリーズと同様の8ポジションスリーブを採用!

前作の時点ではロフト調整しかできなかったのでこれは大きいですね。

 

背の低い方やハンドダウンに構える方だとどうしてもトゥ側が立ち上がってしまい構えにくいですが、今作ではライ角をフラットにできるため、そういった方でもミート率が高くなっています。

 

おまけにこの機能はフェアウェイウッドにも搭載されており、女性用モデルとは思えない多機能っぷり。

スコアをしっかり出していきたい女性ゴルファーの方にも対応できる商品となっています。

 

 

G Le2アイアンに関して

その1:ボールが上がらなくて飛ばないという方のために…

 

前作よりも更にたわむフェースを採用し、より一層上がりやすく・飛ばしやすく設計されています。

 

しかーし!!!

 

今作はそれだけにとどまらず「7番アイアンでも難しい」という女性のために「7番ハイブリッド」もラインナップされています!!

 

管理人は最近以前ほど頻繁にゴルフはできていないんですが、確かに7番アイアンでもその番手に見合った飛距離が出せていない女性を沢山見てきました。

 

一方、女性はウッドだと凄く上手く飛ばせるんですよね(正直羨ましいほどに)。

 

なので、7番アイアンを無理に入れず7番ハイブリッドをバッグに入れてラウンドに臨むというのは全然ありだと思います。

是非この機会にG Le2シリーズを使ってみてほしいですね。

 

その2:ライ角の選択範囲が拡大!!!

 

な、なんと…!!

女性用モデルでありながらライ角をゴールド(超フラット)からマルーン(超アップライト)まで選べるようになりました!

 

もっとつかまえたいのに、女性用モデルではこれ以上アップライトなスペックを選べない…と泣く泣く使われていた方も多いかと思います。

 

しかし今回のG Le2アイアンではそういった心配は不要!どれだけハンドダウンに構える方でも、高身長の女性でも自分に合ったアイアンをお使い頂けるようになりました。

 

G Le2パターに関して

G Le2パター シェイ(↑)

 

G Le2パター エコー(↑)

 

G Le2パター アンサー(↑)

 

パターに関してはSIGMA2と機能面でほぼ一緒なのであえて書くことはありませんが、女性に人気の高い「Shea(シェイ)」がラインナップされているのは嬉しいですね。

 

柔らかな弧を描く形状で、女子プロの使用率も高いパターでしたが、今回はネックの形状が変わり「アーク」になっています。

 

以前の「Shea」は「セミアーク」タイプだったので、以前の感覚のまま使いたいという方はSIGMA2の「Arna(アーナ)」と比較検討してみてください。

 

そして管理人がさりげに「おっ?」と思ったのが「ECHO(エコー)」。

実は「ECHO」の名が付いたモデルは50年ほど前のブロンズパター時代から存在しておりまして…

古くからのピンファンにはこの「マイエコー」が思い出されるのではないでしょうか。

このモデルはネック違いで色々発売されておりまして、姉妹モデルに「N ECHO」「ECHO-2」などがあります。

詳しくは当サイトの相互リンク先「The bank of putters」さんにてご覧ください。

 

 

とまぁ、途中で脱線してしまいましたが、今回のG Le2は他メーカーの女性用モデルとは比較にならないほどのこだわりっぷりで作られています。

 

毎回「そこまでやるか」と思わせてくれるのがPINGというメーカーではありますが、今回は女性のフィッティングの満足度も相当上がるはず。

 

各地で試打会も行われるようなので、近場で開催される際は是非足を運んでみてくださいね。

 

発売日は9月6日とまだ先ですが、当店でも可能な限り早く予約受付できるよう準備したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 


G410 LSTドライバーがついに発表されました!

おはようございます。ゴルフショップオカムラ管理人です。

 

G410ドライバーシリーズ、最後のピースがついに揃いました!!

 

 

G410 LSTドライバー、登場です!

 

詳細はご覧の通り…!

 

 

 

当然といえば当然なのですが、フック系のミスを抑えたい!と考えている方のドライバーですね。

ヘッド体積も450ccとやや小ぶりで、弾道をコントロールしていきたい上級者が好みそうな感じです。

 

ちなみに管理人も既に試打済みなのですが、個人的にはかなり好感触でした。

というのも、管理人はかなりスピン量が多くなってしまう傾向があるんですよね。

当店のシミュレーション設備でこれまで打ったドライバーの中では最も飛距離が出ていたことも申し添えておきます。

弾が浮き上がってしまって思ったより飛距離が出ない…という方にもこのモデルがお勧めになってくるかなと思います。

 

また、ヘッドが小ぶりになったことで難易度も上がっているのでは…とお考えの方もいらっしゃると思います。

 

…が!正直なところ最近のモデルは易しさがどんどんアップしているので、数世代前のモデルを所有されている方だとむしろG410 LSTの方が易しくなっている可能性があります(笑)。

 

また、今回はシャフトに「TENSEI CK Pro Orange」を付けて打ってみましたが、このシャフトは素晴らしいです。

いわゆる強い癖の無いシャフトなのですが、何と言ったらいいのか…上質な感じなんですよ。

「癖が無い」がいわゆる「のっぺらぼう」な感じではなくて、仕立てのいいシャツのような上質さを感じるというか。

 

G410シリーズにこの「TENSEI」の相性は抜群です。

前回のフィッティングイベントで打てなかった人も、是非機会を見つけて試打してもらいたいですね。

 

まだ商品ページは作成していませんが、来週中には公開できるかと思います。

既にG410 PLUSなどを試打して好感触を得ている人は、是非検討してみてください!

 

 

 


PING Putting Lab Designが送る限定パター「PLD3」が入荷しました!

スコットランド旅行記は今週中に最後の更新を行いますのでもう少々お待ちを…

 

image_24.jpg

 

というわけで、今回は「PING Putting Lab Design」が送る限定製造のパター「PLD3」が入荷してきましたのでそのお知らせです!

当店への入荷本数は右用左用ともに1本ずつ!

 

なので完全に速いもの勝ちとなります。

通常の注文フォームは用意しませんので、希望される方はお問い合わせフォームよりご相談くださいね。

ちなみに価格は税込み55,000円となります。

 

さて、詳しくはピンUSA公式サイトのこちらのページが詳しいのですが、せっかくなので日本語で説明をば。

 

image_27.jpg

 

まず「PLD3」というちょっと変わった名前の由来ですが、これは「Putting Lab Design」の頭文字を取ったものになります。

末尾に「3」が付いているのは「1」と「2」も存在したからですね。

 

ちなみに「1」はアンサータイプの形状で、「2」はケッチと同じ形状でした。

今回の「3」は似たデザインが存在しない、完全オリジナルなヘッドです。

 

image_8.jpg

 

そして「PLD3」最大の特徴は、この複雑な色合いのソールプレート。

このプレートは銅(正確にはC14500 Copper…テルル銅)で出来ているのですが、フレイムトーチ(火炎放射器の小型版のようなものでしょうか)で加熱・冷却を繰り返して加工されており、非常に複雑な紋様が浮かび上がっています。

 

image_19.jpg

 

またヘッドの材料にはマットな質感に加工されたT6 6061アルミニウム合金を使用。

鉄塔やクレーンなどにも用いられる、強度・耐腐食性に優れた合金です。

 

image_15.jpg

 

面白いのはシャフトがステップレスで、かつステルスカラー(光が反射しにくい黒いカラーリング)のノングレアフィニッシュになっていることですね。

 

image_17.jpg

 

グリップはお馴染みのピストルスタンダード(PP58)。ロゴ色はカッパーです。

黒を基調にした全体的に大変スタイリッシュなデザインとなっています。

 

image_21.jpg

 

フェースには溝も刻まれています。

未確認ですが、この溝もTR溝(芯を外しても転がる距離が落ちにくい)になっているのかな…?

 

image_13.jpg

 

image_12.jpg

 

オリジナルデザインのパターカバーも付属します。

左右どちらでも使えるデザインになっていましたね。

 

image_4.jpg

 

image_10.jpg

 

ちなみに今作にはソールプレートにシリアルナンバーが記載されています。

当店に入荷したのは右用が「232」、左用が「243」となります。

長さはどちらも34インチ、ライ角(カラーコード)は標準のブラックです。

適したパッティングストロークはどちらも「セミアーク」になります。

 

軽くストロークしてみましたが、実に無駄が無く美しいデザインでかつクセがありません。

限定品というだけでもかなりそそられるものがありますが、このパターは実用品としても相当活躍してくれそうですね。

実際、ピンUSA公式サイトの情報によればツアープロの幾人かはこの「PLD3」をバッグに入れているとのこと。

非常にレアなパターです。この機会に是非!!


| 1/2PAGES | >>

最近の投稿

カテゴリー

これまでの記事

頂いたコメント

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

プロフィール

サイト内検索

recommend

recommend

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

このページについて呟く このページをフェイスブックで友達に紹介する