PGAツアーで初めて50台のスコアを叩き出したパター。



PGAツアーで初めてスコア50台を叩き出したパターをご存知ですか?

そのパターの名はピンの「PAL」です。
時は1977年6月。PGAツアー「メンフィスクラシック」2日目の出来事でした。
11個のバーディに1つのイーグル。パット数は23でスコアはなんと「59」。
使用者のアル・ガイバーガーはその余勢を駆って見事この大会で優勝しています。



「PAL」はアンサーに比べて形状はシンプル。
わかりやすくトゥとヒールに重量を分散したクラシックなモデルです。
アンサーやB60、ジングと異なり特徴に乏しく、やや地味な印象があるのか、
最近のモデルではラインナップに加わっていません。
(G5iパターにラインナップされたのが最後だと思います)

それでもこのパターの持つ実績はとても無視できるものではありません。
1980年、82年、83年の全英オープン、1981年のマスターズ、
そして1982年の全米オープンでトム・ワトソンが使用し優勝、
1988年にはサンディ・ライルもこのパターでマスターズを制しています。
日本語で「仲間・友人」の名を持つこのパターは、
世界のツアー80勝以上を挙げている名器なのです。


ピンUSA Facebookページ
  こちらの記事でアル・ガイバーガーの使用したPALの写真を見ることができます。

マンガン・ブロンズパター PAL紹介ページ
  もちろん「PAL」は現役のモデルです。
  今でも(USオーダーにはなりますが)注文可能となっております。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

最近の投稿

カテゴリー

これまでの記事

頂いたコメント

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

プロフィール

サイト内検索

recommend

recommend

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

このページについて呟く このページをフェイスブックで友達に紹介する