2014マスターズでピン契約のババ・ワトソンが優勝!

フィッティング行脚中でしたので掲載が遅くなってしまいましたが、
ババさん、見事な2度目のマスターズ制覇でした!

P1120503.jpg

アウトは若干緊張が見られたかなと思っていたんですが、
(スピースのバンカーからのチップイン!あれは素晴らしかったですね)
後半になればなるほどいつものババさんらしい豪快なゴルフが見られた気がします。

P1120504.jpg

キャディのテッド・スコットとのコンビも健在。
ただ、「バッバゴルフ(彼にしかできない、想像性に満ち溢れたゴルフ)」を
最も近くで見てきた彼でさえ、15番の林の中からの2打目は想像できなかったと言います。

P1120506.jpg

近代ゴルフの教科書には当てはまらない、
ある意味で原初に近いゴルフをバッバはしているのかもしれません。
(ゴルフが生まれた当初は誰も「インサイドアウトが云々」など言ってなかったでしょうから)

P1120511.jpg

今回惜しくも涙を呑んだスピースは、
「13番での彼のドライバーショットは一生忘れないね」
と言っているそうです。

P1120516.jpg

しかし彼の魅力は飛距離もさることながら、
チャレンジすることの素晴らしさを自ら体現してくれている点にもあると思っています。

P1120521.jpg

今までコーチをつけたことが無いという彼の自己流のスイングは、
良い意味で「そのままでいいんだよ」と言ってくれている気がするんですね。

P1120524.jpg

ゆえに、人種の坩堝であるアメリカで熱狂的に支持されるのでしょう。
あのタイガー・ウッズも彼とは非常に仲がよく、よく一緒に練習ラウンドをするそうです。

タイガー曰く「自己流でなぜあそこまで上手になれるのか調べたかった」とのことですが、
この辺がタイガーとババさんの性格の違いと言いますか、立場の違いを感じさせますね。

P1120527.jpg

P1120528.jpg

P1120529.jpg

そんな彼ですが、道具へのこだわりは偏執的とも言えるほどで、
パターのグリップ交換で100以上のグリップを試したこともあるとか。

P1120532.jpg

グリップの下のテープの巻きが1重足りないことにも気付き、
また接着剤が片側に偏り気味で付いていることにも(微妙な重量の違いで)気付いてしまうとのこと。

P1120537.jpg

それはある意味、神から与えられた彼の才能の一つなのだと思います。

P1120545.jpg

ババさん、本当におめでとう!
愛する奥様と息子が見守るグリーンで優勝できたことは、
一昨年の勝利とはまた違った感動があったことでしょう。

P1120564.jpg

願わくは日本の大会にも出て頂いて、
日本のゴルフを根底から覆すようなビッグドライブを見せてくれたらなと思っています。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

最近の投稿

カテゴリー

これまでの記事

頂いたコメント

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

プロフィール

サイト内検索

recommend

recommend

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

このページについて呟く このページをフェイスブックで友達に紹介する