シグマGパターその1!柔らかな打感とミスに対する寛容性の高さが魅力!

こんにちは、ゴルフショップオカムラ管理人です。

先日のi200アイアングライド2.0ウェッジに続き、今回は「シグマGパター」の特集です。

 

 

ちなみに「シグマ=Σ」という言葉には「集合体・総和」という意味を持たせているとのことで、今作が3つの素材を組み合わせて作られたパターであるという意味が込められているようです。

 

さて、シグマGパター最大の特徴がフェースです。

下の写真をご覧頂ければわかるかと思いますが…

 

 

『0.76mmの削り出し6061アルミニウムフェース』

 

 

『ぺバックス(衝撃吸収樹脂エラストマー)製のインサート』

 

が支えるという構造になっています。

(ちなみにボディは17-4ステンレス)

 

1ミリに満たない極薄のアルミニウムフェースに対し、ぺバックスインサートの厚さはなんと「3.68ミリ」

このぶ厚いインサートが衝撃を吸収して柔らかく心地良い打感を演出します。

 

 

面白いのは「打感は柔らかいのにフェースの見た目はメタリック」なところですね。

スコッツデールパター」とは違い、実際は柔らかな打感なのにフェースのビジュアルが硬派というのはちょっと珍しいかなと思います。

 

何故シグマGパターはこのような進化を遂げたのか。

それはピンが行ったパターのフィーリングに関する社内調査で

 

「約77%のプレイヤーが柔らかな打感を好む」

 

という結果が出たからだそうです。

 

 

確かに日本の有名女子プロもかなり長いことスコッツデールパターを使っていましたし、元々「柔らかな打感」にはプロアマ問わず需要があったということでしょう。

 

しかし現行のTR溝モデルにはそういった特徴を持つパターが存在しないため、今回開発に踏み切ったという感じでしょうか。

 

また、スコッツデールパターはインサートそのものが柔らかな素材でしたが、シグマGパターはインサートこそ柔らかなぺバックスを使っているものの、ボールに触れる面は削り出しのアルミニウムプレートです。

これが適度にしっかりとしたインパクト音を奏でてくれるため、ただただ柔らかいだけのパターではないというのも魅力の一つになっているようです。

 

 

詳しくは「その2」で説明したいと思いますが、シグマGパターはモデル数の多さも魅力。

上の画像には含まれていませんが、カウンターバランスのものも含めるとなんと16種類がラインナップされており、昔からピンを使ってきた方にとっては懐かしい名前も復活しています。これだけあれば好みのものが全く無いということは無いでしょうし、試打も楽しみになりますね。

 

現行モデルには無い柔らかく心地よい打感で、かつケーデンスTRパターよりは価格がお手頃。ソールの見た目もメカニカルで今風と、人気になりそうな条件が整ったパターだと思います。

試打パターが届いたら早速打ってみたいと思いますので、楽しみにしていてくださいね。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

最近の投稿

カテゴリー

これまでの記事

頂いたコメント

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

プロフィール

サイト内検索

recommend

recommend

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

このページについて呟く このページをフェイスブックで友達に紹介する