続いてG410フェアウェイウッド、ハイブリッド、クロスオーバーの試打インプレッション!

こんにちは、ゴルフショップオカムラ管理人です。

先日のドライバーに続いて、まずはフェアウェイウッドの試打インプレッションをお届けします!

続いてハイブリッド、クロスオーバーと進めていきますのでお付き合いください!

 

 

G410フェアウェイウッド(ノーマル、SFT、LST)

 

image_17.jpg

 

まず、前作よりごくわずかですがシャローになりボールの拾いやすさが増しています。

管理人が真っ先に感じたのはこれ(拾いやすさ)で、少しFWに苦手意識があったんですがこれなら使えるなと。

恐らくですが、シャローになったこと云々はあくまでも管理人のイメージで、その他もろもろの要素が向上したことで拾いやすくなっているのでしょう。

 

あと、ドライバーと同様音が前作よりかなり良くなってます。

前作は割と特徴的な打音だった気がするんですが、今作は実に心地良い感じになりました。

 

image_16.jpg

 

オカムラ社長もかなり気に入ったらしく、これはスプーンも欲しいとのこと。

管理人は通常モデルだとそれほど飛距離増を感じませんでしたが、LSTだと(5番から3番ということを差し引いても)一気に飛距離が伸びました。

自分は元々スピン量が多い方なので、この辺はきちんとフィッティングして合わせた方が良さそうですね。

 

あと、構えた時の印象といったらいいのか、地面にペタッと張り付くような感じがあります。

この感触が拾いやすさを演出している気がしますね。

ゴルフクラブのヘッドはスイング中にトゥ側が下がる(トゥダウン)ので、構えた時あまりにピタリと設地していると捕まえにくかったりもするんですが、このG410フェアウェイウッドに関してはそういったこともなく。

 

image_18.jpg

 

ロフトだけでなくライ角も調整できるため、かなり買いやすいフェアウェイウッドになっているかと思います。

ドライバーに比べるとレビューの情報量が少なく感じるかもしれませんが、これはいわゆる「そつがない」クラブです。

以前より突出した欠点(特に打音)が無いので、本当誰にでも合わせられると思います。

 

G410フェアウェイウッドの商品一覧ページはこちら!

 

 

 

G410ハイブリッド

 

続いてはG410ハイブリッド。

 

image_34.jpg

 

前作のレビューでも書いていますが、管理人がPINGのハイブリッドで楽に打てたのはG15&G20のいわゆる「タラコ」でして、ウッド系に戻ってからはかなり苦手なカテゴリーなんです。

G400の時はかなり楽に打てるようになったなと感じましたが、今回も同形状のタイプだったため「あーまたこのタイプかー苦手なんだよな〜」と思いつつ試打させてもらいました。

 

image_37.jpg

 

折角なので、管理人の試打直後の感想をiPhoneのメモに残してあるのでそれをそのまま載せてみましょう。

 

打ってみたが打感良好でやさしい。

以前はウッドタイプのハイブリッドだと上げようとしてうまくいかないことが多かったが、これはそういう無理をする必要がない感じ。

無駄な力を入れなくても反発が良くてよく飛ぶ。

なんというか端正なクラブ。美しい。

社長いわくこれはかなり良くなっているとのこと。

 

最後がオカムラ社長の感想頼みになっているところが何だかなぁと自分でも思いますが(笑)、確かにこれは軽く打てました。

見た目はもろにウッドタイプなんですが、振った時の感覚がちょっと違うのかな。

 

G410ハイブリッドの試打の時は、何故かオカムラ社長も「G20に近くなってきてるかも」という感想を話していました。

見た目的には全くそんな印象じゃないんですが、不思議です。

 

あとはつかまりがいいですね。G15&G20に近く感じたのはこういう特徴を感じたからかも。

ライ角が変わっているわけではないのに何でだろうと思いますが、「社長が話したこと」メモにも書いてあるから仕方ないw

 

管理人的には「この形状でもこんな振り心地に持っていけるのか」と驚きを感じたクラブでした。

見た目が大きく変わらなくとも、やはり徐々に進化しているということですね。

 

G410ハイブリッドの商品詳細ページはこちら!

 

 

 

G410クロスオーバー

 

これはかなり(色々な意味で)変化しました。

 

image_21.jpg

 

まず、見た目が完全にただのロングアイアンとなりました(笑)。

よってこれまでのクロスオーバーと比べて構えた時に違和感がありません。

 

image_25.jpg

 

ソールも薄く、オフセットも適度で本当に普通のロングアイアンと変わらない。

でありながら、打ってみると3番を打っている感じはしないんです。印象としては5番。

 

打音も変に「パカーン」という感じではなく、以前よりギュッと身が詰まった感じの打音でかなり向上してます。

そして打感は柔らかくなりました。前作はきちんとヒットしても少し手がしびれる感じがありましたが、今作では皆無と言ってもいい感じ。

 

image_28.jpg

 

いやほんと、この見た目で打ってみるとやさしいってのが物凄く不思議です(笑)。

勿論ハイブリッドよりはアスリート向けな感じがありますが、この見た目からは想像できないくらい楽に上がる。

ほんと見た目はただのロングアイアンですからね。最初はちょっと混乱すると思います。

あまりこういう打ち味のクラブって無いと思うので。

 

これ、データ的には前作より18%も弾道が高くなっているらしいんですよ。

あまりに上がりすぎるのでロフトを立ててしまったという、ちょっと驚きの裏話があったり。

2月にフィッティングイベントを行いますが、ハイブリッドをメインで試打される方にもちょっと試してみてもらいたいクラブです。

 

G410クロスオーバーの商品詳細ページはこちら!

 

 

 

ちょっと駆け足になってしまいましたが、フェアウェイウッド、ハイブリッド、クロスオーバーのファーストインプレッションはこんな感じでした。

まだ試打クラブが到着していないため、到着したらまたシャフト別にじっくり打ち比べてみたいですね。

 

image_54.jpg

 

なにより、当店にもついに立派なシミュレーションゴルフが備わりましたから、管理人の試打データを元に自分に合うクラブスペックを想定することもできるようになると思います。

シャフト別打ち比べをした時はきちんとデータを取ってみようと思いますので、是非参考にしてみてくださいね。

 

それでは次回、アイアンのレビューでまたお会いしましょう!


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

最近の投稿

カテゴリー

これまでの記事

頂いたコメント

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

プロフィール

サイト内検索

recommend

recommend

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

このページについて呟く このページをフェイスブックで友達に紹介する