クラシックパターの「アンサー4」でピン契約のマイケル・トンプソンが優勝!

こんにちは、ゴルフショップオカムラ管理人です。

大変ご無沙汰しております。

 

今朝はPINGから届いたニュースレターを読んでいたんですが、「えっ?」と思う内容を見つけたのでつい注目してしまいました。

 

 

ご覧の通り、PGAツアー「3M オープン」でPING契約のマイケル・トンプソンが優勝したという話題だったのですが…

 

 

使用パターがまさかの「クラシック アンサー4」だったのです。

ちなみにこんなパターです。

 

 

 

いわゆるクランクネックではなく、通常のアンサーに比べトゥ側がやや重くなっているタイプです。

トゥが重いとその分ストローク中にフェースが閉じにくくなるので、引っかける確率が若干減ります。

 

既に日本では市販されていない古いモデルのため当店でも注文できないのですが、なんとこのパターの優勝履歴に「マイケル・トンプソン」の名が!

7年も前からこのパターを使っていたんですね…

 

情報を遡れたのは2012年全米オープンまででしたが、その時(ウェブ・シンプソンに次ぐ2位でした)もこのパターを使っていたようです。

 

これは管理人個人の考えとなりますが、ラウンド数の少ない一般的なアマチュアゴルファーはシグマ2パターのようにフェースの芯を外しても転がる距離が落ちにくいパターを使うべきだと思います。

 

ただ、練習量が多く芯を外すことがそもそも少ない競技ゴルファーやプロの場合、芯を外して距離感が狂うということ自体が稀になってきます。

 

そういった場合、優先すべきは「自分の好むフィーリング」になってくるわけで。

 

実はつい最近も「ヘプラーパター」と「シグマ2パター」のどちらを選ぶか悩まれた場合の選択方法として、PINGから似たような内容が案内されていました。

 

通常、ロングパットになればなるほど芯を外す率は高くなり、3パットの可能性も高くなるため、その辺を鑑みてフィッターは適正パターをアドバイスするべきかなと。

 

数あるゴルフクラブのうち、ラウンド中に最も数多く使用するのがパターです。

当店のオカムラ社長は自他ともに認めるショートゲームの名手ですので、もうあと一歩でスコアが伸び悩んでいるという方は是非相談してみてください。お待ちしております。


コメント
コメントする








   

最近の投稿

カテゴリー

これまでの記事

頂いたコメント

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

プロフィール

サイト内検索

recommend

recommend

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

このページについて呟く このページをフェイスブックで友達に紹介する