1/2 WACK-E 別アングル。

昨日の0時0分に『G15&i15シリーズ+INパターシリーズ試打会レポート』を公開しました。
28日が情報公開の解禁日ということもあり、
一気に新シリーズの情報がネット中に公開されましたね。

当サイトは昨日から急に英語圏からのアクセスが増えたので、
「これはいったいどういうことだろう?」
と思っていたのですが、
どうやらアメリカのコミュニティサイト(GolfWRX)
からリンクを張られていたようです。

以前から当サイトのアクセスの3%強は英語圏からなのですが、
昨日は一気に5%くらいに到達しそうな勢いだったので、
これは海外でも新シリーズの情報に興味津々ということでしょうか。


さて、先日の試打会で撮影した「1/2 WACK-E(ハーフワッキー)」の別アングル写真がこちら。

このモデル、性能は文句なしだと思いますが、
もう少し日本でも市場調査してから名前をつけてもらえればなと…(^_^;)。
クレイジー、アグリー、そしてこのワッキー。
最近のピンの大型マレットは強烈な名前のものが多いですよね。

戻ってきました北海道。

さて、久々に一気に更新したので驚かれた方も多いかと思います。
21日に東京出張から戻ってきたので、まとめてドバッとやってしまいました^^;。

今回の出張内容についてですが、公開まで今しばらくお待ちください。
28日の公開を予定してただいま特集ページを作成中です。
今回もなかなか熱く、そして笑える特集になりそうですのでお楽しみに(^^ゞ

管理人は所用で社長より一足先に北海道へ帰ることになったんですが、
今回もスタッフの方々には色々熱く語っていただきました。
世田谷スタジオ訪問特集をご覧いただいた方にはおなじみ、
「宮さん」のちょっと笑えるオヤジな発言も収録予定です。



↑意外と涼しかった今回の東京出張。
社長は澄ました顔してますが、20分も遅刻しました。
社長は置いて、歩いて行こうと本気で思いました。


------------------------------------------------------

ここからは出張中お世話になったピンゴルフジャパンスタッフへのご挨拶です。

2年前(もうそんなになるんですね!)の世田谷スタジオ初訪問で社長と管理人の
フィッティングを担当していただいた「宮さん」や「ジェイソンさん」に、
昨年の「ラプチャーV2シリーズ試打会&nFlight発表」でお世話になった
フィッターの「穐本さん」や「穂積さん」。
そしていつもお世話になっているセールスの「安齋さん」。
久々に懐かしい顔を見ることができてとても楽しかったです。

当店の社長が(それはもう非常〜〜〜〜に)お世話になっている、
修理担当の「Kさん」にお会いできなかったのは残念でしたが、
新しくなった本社のフィッティングスタジオを訪問することも考えているので、
その時はぜひご挨拶させていただきたいなと思っています。

またカスタマーサービスの皆さんにも今回は会えなかったので、
次回はぜひゆっくりお話できればなと。
ピンゴルフジャパンのCOOであるトム社長はもちろん、
お話はさせていただいたもののお名前を伺う暇がなかった、
大勢のピン社スタッフの方々に、この場を借りてお礼申し上げます。

特に、チッポやEYE2のウェッジをセットに入れているという話を聞いて、
「相当のピンファンだな〜」と管理人も驚いたスタッフの方がいらっしゃったのですが、
管理人は写真撮影等でいっぱいいっぱいでしっかりとご挨拶もできず…
次回はぜひゆっくりお話を聞かせていただきたいと思っています。


北海道在住ということもあってなかなか頻繁には行けませんが、
久しぶりに会う方が大勢いるとやっぱり嬉しいものです。

ピンという会社、そして当店にお客様が求めているものは
色々な意味で非常に高いレベルのサービスだと思います。
それに負けないよう頑張っていこうと思っていますので、
社長ともども、これからもよろしくお願いいたします。

------------------------------------------------------

美味しい中国茶を飲みたい方は「小梅茶荘」へ。

というわけで、当サイトともリンクいただいている、
The Bank of Putters」のgreishi_7146さんが奥さんの小梅さんと
開かれた中国茶のお店「小梅茶荘」に行ってきました。
(管理人は東京出張中です。出張内容は…あと一週間ほどで公表予定です)

いつも当サイトのプレゼントアンケートにご協力頂いているので、
一度は直接お礼を伝えに行きたいなと思っていたんですが、
管理人は普段から結構お茶を飲む方なので、
実のところちょっと中国茶に興味もあったんですよね。

到着は少し遅い時間になってしまったんですが、
中国茶にまつわるお話をたくさん聞くこともでき、
(女主人の小梅さんですが、なんとわざわざ中国のお茶畑に行き、
 自らいいものを吟味してきたそう。すごいバイタリティ。)
お茶の試飲もさせて頂いてとても楽しいひと時を過ごせました。

小梅さんの人柄もあるのか、どこか空気がホンワカとしていて
時間がのんびり流れているような感じがいいんですよね。
裏通りの静かな佇まいも雰囲気作りに一役買っている気がします。

美味しいお茶の入れ方も教えてくれるので、これはお勧めですよ。
中国茶に興味のある方はもちろん、
うだるような夏の暑さにうんざりしている方、
仕事に疲れて癒しを求めている方はぜひ「小梅茶荘」へどうぞ。
お店を出る頃にはすっかりリフレッシュしていること間違いなしです。


↓リラックスしすぎて、店を出る頃にはこんな時間に(^_^;)





美味しいお茶を楽しんだ後は、飲み屋さんで
カーステンさんやピンにまつわるお話を色々伺ってきました。
話を聞いて思ったことは「やっぱりカーステンさん、すごいな」と。
なんというか、いろんな意味でびっくりさせられっぱなしでした。

模様替え。



といっても、模様替えをしたのはもうひと月くらい前なんですが…(^_^;)
以前はショップのやや奥まった位置にピンのアクセサリを置いていましたが、
今度はもっと目立つようにブースを作ってみました。

コンツアーのヘッドカバーはもちろん、シューズバッグなども目立つ位置に。
アクセサリ類に関してはUSオーダー必須のものも在庫していたりするので、
ぜひお気軽にお問い合わせください。即納可能なものもありますよ〜(^^ゞ

偽物情報です。

ご連絡を頂いてから掲載までかなり間が空いてしまいましたが、
G10ドライバーの偽物がヤフーオークションに出品されていたそうです。
(出品者も怪しいと思っていたのか、「訳あり」と表記していたとか…)



これ(↑)がその偽物の写真なのですが、
パッと見だと本物っぽく見えますね。
ただ、よく見るとG10と書いてある部分のロゴ周りの作りが甘く、
本物の写真(↓)と比べると明らかに違うことがわかります。



今のところ量販店などに流れ込んでいるという話は聞きませんが、
オークションなどをご利用されている方は気をつけてくださいね。

懐かしの公認フィッター証。



「これ、載せたことあったかな?」
と思ってサイト内を色々見てみたんですが、
まだ載せていなかったみたいなので今更ながらご紹介。

懐かしの『ピンジャパン』時代の公認フィッター証、
正確には、
『カスタムフィッティングトレーニングプログラムの受講証明証』
です。
(Successfully Completing 云々…と書かれているので、
 『合格証明証』の方が訳としては正しいかもしれません)

証明証の取得者はもちろん社長で、
取得年月日は2001年7月16日(8年前!)。
既にピンジャパンが存在しないため、
今ではタダの紙切れ同然ですが、
捨てるのも忍びないのでずっと飾ってあります。

この当時はまだTiSIドライバーやi3アイアンの時代。
フィッティングに使うアイアンの番手も6番で、
スチールシャフトはJZとZ-Z65の2本がメインでした。
(日本ではそれにプラスしてNS PROも選択できました)

その頃は「カスタムフィッティング」と言っても、
ほとんど(まったく?)認知度が無かったと思います。

それから約8年、やっと少し芽が出てきたかな?
というところまで来ました。日本のゴルフ市場において
ピンクラブの占める割合はまだごく小さなものですが、
大事にこの芽を育てていきたいと思っています。

この芽が大樹に育った暁には、
当店をご利用いただいた皆さんと一緒に日本中で
ピンクラブ愛用者コンペを開催したいですね。
目指すところはまだまだ(まだまだ)先ですが、頑張ります。

社長の愛用サンドウェッジ。



であるM/Bウェッジの58度です。
この2段に分かれたソールと、そのデザインを利用した
ロフトの刻印が何ともいえずかっこいいんですよね〜。
ヘッドも大きめで安心感がありますし、同時期に発売されたモデル
(G2アイアンやS59アイアン)に比べ売り上げ本数も段違いです。
今でも月に結構な数が出るロングセラー商品でもあります。
ソケットが付いてないのも個人的に好み。ピンらしさがありますよね。

レンジでCHIPOの性能チェック。



季節外れの大雪も解け、ゴルフ場での練習もできるようになりました。
というわけで、CHIPOの性能チェックのためにレンジで練習中の社長です。
ちなみにCHIPOは5番アイアンと同じくらいのロフトがあるので、
フルショットで180ヤードくらいはラクに稼げるみたいですね。
ヘッドが横に長い分スイートスポットも広いらしく、
横で見ていてもミスショットらしいミスショットはありませんでした。
(社長は「これは俺の技術だね」と言ってましたが)

また50ヤード、100ヤードの打ち分けもそれほど苦ではなさそう。
悔しいですがこの辺はさすがと言わざるを得ません(笑)。



逆に社長が少し苦しんでいたように見えたのがパットでした。
(ちなみに通常、グリーン上でウェッジ類を使うのはNGです。
 ここは社長のウデをよく知っているところなのでOKもらってます)
寄せはまったく問題ない(そのためのクラブですし)んですが、
パットの時は距離によって打ち方を少し変えないとツライようです。
多少距離があるときは手首を使ってタップするような感じに、
逆に近い時は普通のパターを使うようにストロークすると、
好結果が出るようでした。

寄せワンの距離に寄せるのはラクなんですが、
そのワンパットを決めるのがエライ難しいんです。
近くに寄せてもまったく気を抜けないというか、
通常のラウンド以上にパットにかかる
精神的プレッシャーが大きいというか…

いやはや、社長自らの発案とはいえこれは過酷なチャレンジになりそうです。
この企画は随時状況をお知らせしていきますので、お楽しみに!

遼くんとチョプラ。

ゴルフダイジェストの5/5号に面白い記事が載っていたのでご紹介。



ピンのダニエル・チョプラがあの石川遼くんと談笑しています。
チョプラの生い立ちももちろん読み物として楽しめるものなんですが、
なぜチョプラが遼くんに声をかけたのか、というところを大きく取り上げていて、
全体としてとても心温まるいい内容の記事でした。

この記事によるとチョプラは遼くんと同じ10代でプロ転向したらしく、
そのことが彼が遼くんを気にかける大きな理由のひとつだったようですね。
若くして期待されることの素晴らしさと大変さをよく知っているからこそ、
声をかけずにいられなかったのかもしれませんね。

残念ながらベイヒルで行われたアーノルドパーマー招待で遼くんは予選落ちしてしまいましたが、
その後のインタビューで彼からチョプラの話題が出てきたという話を読み、
なんだかいい話だな〜と思ってしまいました。
ブログをご覧の皆様にも是非読んでいただければと。



さて、もうひとつ面白い記事がありました。
今年も好調なアンジェラ・スタンフォードの「What's in the bag」です。
何度か当サイトのトピックスでも彼女のことは紹介していますが、
彼女は未だにG2 HLアイアンを使っているんですよね。
それが何故なのか、という部分は大変興味深かったです。



また、おそらくこの記事はインタビューを元に構成していると思うんですが、
スタンフォード自ら「難しいことはわからないんだけど」と言いながら、
i5アイアンのメカニズムを説明してくれているのも見逃せないところ。

自分の球質やスイングタイプをもとにシャフトやヘッドタイプを選択するなど、
フィッティングの重要さについて自然と言及されているのはさすがピン契約プロ、
という感じがしましたね。

ただ、彼女の「ロングアイアンを打ててこそプロ」という言葉には耳が痛かったです(笑)。

母国でも尊敬されるカブレラ。



上の画像はカブレラの優勝を報じたピンUSA公式サイトのトップです。
う〜ん、やっぱり嬉しいですね。
じわじわこみ上げてくるものがあります。

今日はしばらく余韻に浸ろうと思って色々なサイトを見ていたのですが、
そこでカブレラについての心温まる記事を一つ見つけました。
ヤフートピックスの『先達の夢をかなえたカブレラ』という記事です。
それによると彼は2007年の全米オープン優勝で勝ち取った成功に浮かれず、
母国の恵まれない子供たちへチャリティを一生懸命行い多くの人達から尊敬を受けているそうです。
カブレラはゴルフをするための環境にあまり恵まれていなかったそうなので、
そんな自分を応援し援助してくれたことへの恩返しという側面もあるのかもしれませんね。
とても短い記事ですが、ブログをご覧の皆さんにぜひ読んでいただきたいと思い紹介してみました。
(念のためウェブ魚拓も取っておきましたので、
もし上のヤフートピックスが見れなくなっている場合は、
こちらのリンク』からご覧ください。)


ちなみに公式サイトのカブレラ優勝詳細ページには使用クラブも掲載されていますが、
何故かラプチャーV2フェアウェイウッドの3番が使用クラブに含まれています(・・;)
念のため3日目と最終日で撮影された写真を確認してみましたが、
使用クラブは全てG10フェアウェイウッドでした。
誤記かと思うんですがどうなんでしょう?

4/15追記:
どうやらこれはダレルサーベイの発表内容に準じた記載らしいです。
ホームページのトピックスもこれに合わせて修正しましたが、
3日目、最終日は間違いなくG10を使用しているのが確認できるため、
G10FWの優勝実績にはマスターズを加えるという形にしたいと思います。
実際使っているのに使ってない、とするのもおかしな話なので(・・;)
また、ダレルサーベイの調査自体は非常に正確なものなので、
当方で写真確認ができなかった初日、2日目で、
ラプチャーV2FWを使用していたのだと思います。

4/20追記:
先ほど確認してみたところ、ピンUSAの公式サイトもG10FWに修正されていました^^;
ホームページのトピックスもこれに併せて再度修正し直しましたのでご確認ください。
正確な情報がなかなか確認できず、ご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

<< | 30/31PAGES | >>

最近の投稿

カテゴリー

これまでの記事

頂いたコメント

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

プロフィール

サイト内検索

recommend

recommend

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

このページについて呟く このページをフェイスブックで友達に紹介する