リシャフト(スリーブ付きシャフト含む)やグリップ交換、他店で購入したクラブでも承っております!

 

こんにちは、ゴルフショップオカムラ管理人です。

よくお客様からお問い合わせ頂くご相談内容に、

 

他店で購入したんだけどグリップ交換してもらえるんですか?」

他店で購入したんだけどシャフト交換してもらえるんですか?」

 

といったものがあります。

当店では他店で購入したものであろうと、オークションで購入したものであろうと、偽物でさえなければ依頼をお受けしておりますのでご安心ください。

 

 

ピン社は数十年前のアイアンでもライ角調整に応じる(もちろん破損の可能性はありますので承諾書を頂きますが)くらい、アフターフォローのしっかりしたクラブメーカーです。

創業から50年以上が過ぎ、世界で五本の指に入る知名度となってもその姿勢は変わっておりません。

 

ですので皆さん安心して当店までご相談ください。

G5シリーズ、ラプチャーシリーズなどの登場で一気に日本でも使用者が増えたピンのクラブ。

物持ちの良い方でもそろそろリシャフトしたい、グリップ交換したいと考えるお客様が増えてくる頃かと思います。

フィッティングして合わせてもらった世界で1本の大事なクラブ、より長く使えるようお手伝いさせて頂きます。

 

 

当店は北のはずれの小さなゴルフショップですが、だからこそ誠意を持って対応させて頂きたいと思っています。


6月12日午前0時〜午前6時までクレジット決済のシステムメンテナンスとなります。

こんばんは、ゴルフショップオカムラ管理人です。

6月12日の0時〜6時までの間、クレジット決済のシステムにメンテナンスが入るため決済ができなくなります。

ご面倒をお掛けいたしますが、何卒ご了承ください。


今月23日〜25日開催予定の東京フィッティングイベント、残り2枠です!!

※おかげさまで3日間の枠全てが予約で埋まりました!

ありがとうございます。社長も皆さんにお会いできるのを楽しみにしているようです。

 

こんにちは、鈴木です。

いや〜、6月の東京フィッティングイベントですが、予想以上に早く埋まっていて驚いています。

 

開催まで残り2週間以上あるんですが、既に残り2枠!

金曜日(23日)の16時半スタートと、日曜日(25日)の19時スタートしか残っていません!!

 

 

まさかこんなに早く埋まるとは思ってもいませんでしたね。

夏に向けて、自分にフィットしたクラブを手に入れたいと考えている方が多いのでしょうか。

 

今回のフィッティングイベントですが、開催場所はいつもと同じ「大塚ゴルフプラザ」さんになります。

参加が既に決まっている方は、フロントで「ゴルフショップオカムラのフィッティングで来ました」とスタッフの方に一言伝えて、オカムラ社長のいる打席まで来てくださいね。

 

もちろん現在使っているクラブを持ってきて頂いても構いません。

きちんとフィッティングしてライ角を合わせたクラブがどれだけ使いやすいものか、是非味わって頂きたいものです。

 

今回のフィッティングイベントの予約申し込みは下記のリンクよりどうぞ。

残り2枠は完全に早いもの勝ちになりますので、ご予約はお早めに!

 

東京フィッティングイベント予約申し込みフォーム

 

オカムラ社長のフィッティングを1時間みっちり楽しんでください!!


レッドウッドパター発売10周年記念!?当時の貴重なベロア製パター袋を1枚プレゼントします!

※早くも希望者が現れましたので、下記プレゼント企画は終了致します〜!!!

反響の早さに驚きです!!

 

こんにちは、ゴルフショップオカムラ管理人です。

今年でレッドウッドパター発売10周年記念ということで(もうそんなに経っているんですね)、当時の非売品パター袋を1名の方にプレゼントさせていただきます。

 

 

欲しい方は当サイトの「お問い合わせ」よりご連絡頂くか、商品ご注文時にその旨お知らせください。

ちなみに送料だけはお客様持ちとなりますので、その点のみご了承頂ければ幸いです。

 

その他には特に条件などございません。

商品の購入も特に必須ではありませんので、本当に純粋な早いもの勝ちです(笑)。

 

ちなみに上の写真にはパター袋とヘッドカバーが両方載っていますが、プレゼントさせていただくのはパター袋(大きい方)のみとなります。

ヘッドカバーは付属しませんのでご注意ください。

 

正直、管理人もこのパター袋がまだ倉庫に眠っているとは思わなかったのでかなり驚いてしまいました。

かなり希少なアイテムですし、プレゼントアンケートのネタとかにもできると思うんですが、社長太っ腹ですね(笑)。

 

もう一度念のため書いておきますが、このプレゼントは純粋に早いもの勝ちになります。

 

「マジ!!??」

 

と思った方はとりあえず早めに当店までコンタクトを取ってみてくださいね。

 


ピンのパター用グリップ『PP60』と『PP62』の違いがわかりやすい写真を追加しました。

こんにちは、ゴルフショップオカムラ管理人です。

昨日はピンのパター専用グリップ『PP60』と『PP62』の違いをわかりやすく説明する写真を追加してみました。

 

 

この2つのグリップ、見た目はそっくりなんですが全くといっていいほどの別物です。

 

まずPP60は…

 

・細い

・断面が五角形で直線的

・グリップエンドが太く、先端に向かうにつれて細くなる

 

続いてPP62は…

 

・太い

・断面が楕円形

・グリップエンドも先端部もそれほど太さが変わらない

 

という特徴があり、かつPP62はPP60よりもかなり太く感じます。

 

 

写真で見ると一目瞭然ですが、形状がこれだけ違いますからね。

 

また、こういう写真を掲載すると「どちらのモデルが自分に合っているのか?」が気になってくる人も多いことと思います。

 

管理人が実際に打ち比べて感じたことと、ピンからの情報を総合しますと…

 

 

PP60が合っているタイプは…

 

・グリップの形状を使ってスクエアに合わせたい人

・インパクト前に微妙な方向修正をしたい人

 

になります。

PP60は親指の当たる部分が直線的になっているので、ボールに対して直角に構えやすいという特徴があります。

PP62にも直線的な要素はありますが、基本的に楕円形のデザインなのでPP60に比べるとファジーな印象ですね。

 

また、PP60は先端の方が細くなっているため、手元でボールの方向を修正しやすくなっています。

つまり、パッティングを完全にオートメーションしたい方というよりは、パット巧者向けのグリップとなりますね。

 

 

PP62が合っているタイプは…

 

・握りやすさやフィット感を重視したい人

・手首の不要な動きを抑えたい人

 

になります。

実際に握ってみるとわかりますが、PP62はかなり太目のグリップです。

ストローク中に手首をこねくりまわすといった小細工は殆ど出来ません(笑)。

なので、ヘッドが重くフェースが正面を向いたままのパター、つまりフェースバランスのネオマレットを好む方に向いています。

真っ直ぐテイクバックできればそのままの軌道でインパクトできるので、イップス気味の方にもお勧めですね。

 

アンサーなどヘッドが小さいブレード型にも装着することは可能ですが、これは上手くやらないとヘッドとグリップ、お互いの個性を殺す結果になりかねないのでフィッターのアドバイスが必要かなと思います。

 

 

 

グリップの個性を知った上で選択する

 

ピンはパターのヘッドはもちろんですが、グリップにもかなりのこだわりを持っているメーカーです。

管理人のもとにあるピンの資料では、グリップの説明だけで数ページ割いているくらいです。

 

それだけグリップというものはパッティングに大きな影響を及ぼしてきますので、特徴を把握した上でお客様に合うグリップを選択してもらいたいなと思っています。

 

もしグリップについて気になるようでしたら当サイトの「お問い合わせフォーム」よりお気軽にご相談ください。

オカムラ社長自ら、お客様のお悩みに回答させていただきますね。

 

 


<< | 5/120PAGES | >>

最近の投稿

カテゴリー

これまでの記事

頂いたコメント

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

プロフィール

サイト内検索

recommend

recommend

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

このページについて呟く このページをフェイスブックで友達に紹介する