Si3ドライバー。ライ角を調整できた、現時点で最後のドライバーです。

こんにちは、ゴルフショップオカムラ管理人です。

『Si3ドライバー』というクラブがピンのラインナップに存在したことをご存知の方はどのくらいいるでしょうか。

 

 

Si3ドライバーが出た直後はGシリーズすらまだ登場しておらず(直後にG2フェアウェイウッドは登場しました)、日本におけるピンのユーザーシェアが恐らく最も少ない時代だったかと思います。

このSi3ドライバーが出たすぐ後に『G2ドライバー』が登場し、Gシリーズのヒットも相まってこのモデルは殆ど忘れ去られた存在になってしまったような気がします。

 

 

ただ、Si3ドライバーそのものはピンらしい様々な工夫が施されたモデルで、今見ても色々と発見があります。

 

 

特に面白いのがホーゼルの交換によってフェースアングルやライ角が調整できるという仕様です。

この仕様自体は前のモデルから既に採用されていたんですが、Si3ドライバーではライ角が4種類、フェースアングルが2度オープンから2度クローズまで細かくチョイスできるようになっていました。

 

その後のモデルでは球が捕まりにくいユーザーのためにオフセットを付けたり、ウェイトの位置を変えたモデルなどが発売されるわけですが、ここまで細かく調整できるモデルはこのSi3ドライバーが最後になるのではないかなと思います。

 

 

もう一つ面白いのはヘッド体積が2種類あったこと。340ccと380ccの2種類が販売されていました。

操作性を重視するユーザーは340cc、寛容性を重視するユーザーは380ccと分けられるわけですが、これは後のGシリーズとiシリーズの住み分けにも繋がっていますね。

 

 

 

最後はロフトの種類がやたら多かったこと。6度〜12度まで1度刻みでヘッドが用意されており、先のフェースアングルやライ角の調整と組み合わせると凄まじい種類のヘッドを組むことができました。

これは当時からピンがフィッティングを重視していることの現れと言えるのではないでしょうか。

 

逆に言うと、当時きちんとしたフィッティング環境の整っていなかった日本では、Si3ドライバーの魅力を最大限伝えることはできなかったとも言えます。

アメリカと日本の環境の違いがそのまま売上に反映されたのでしょうか、Si3ドライバーがカタログ掲載されたのは僅か1年だけで、翌年から日本版カタログのメインギアはG2ドライバーに切り替わってしまいました。

 

 

現在では殆ど話題にも上がらなくなってしまったモデルですが、その特徴を掘り下げて見てみると結構面白い、意欲的な商品であったように思います。

元々ピンはプロのためのクラブ作りを第一義としたメーカーで、そのプロと同じ仕様のモデルを一般ユーザーも使えるというのが魅力になっています。

 

しかし、プロのようにきちんとした見立てをしてもらえるかどうかという環境の違いは、やはり売上にも大きく響いたことでしょう。

特に当時は自分のためにクラブを見立ててもらうという考え方が浸透していなかったわけですからなおさらです。

 

 

そう考えると、現在の日本は本当にゴルフに関して進歩したと言えるのではないでしょうか。

少なくとも「フィッティングのお陰で100を切ることができた!」という日本人ゴルファーの数は間違いなく増えていることと思います。

その影にSi3ドライバーのような、スポットライトがあまり当たらなかったモデルが存在するということを覚えていてもらえれば、いちピンファンとして嬉しく思います。

ピンのグリーンマーカー。

以前にも一度記事にしたかもしれませんが、ピンのグリーンマーカーをご紹介。

現在店頭に並んでいるのはこのタイプ(↓)ですが…

 

 

以前に非売品として配布されていたグリーンマーカーにはこんなのがありました。

 

 

 

マーカーのベースそのものが「ピンマン」になっているタイプです。

実は管理人、このマーカーが一番お気に入りだったんですよねぇ。

全く機能的じゃないフォルムなんですが、インパクトがあってピンらしいなぁと。

 

これは今はなき「ピンジャパン」時代のアイテムなので、かなり貴重ではないかと思います。

ピンゴルフジャパンに変わってからも色々なノベルティグッズは登場していますが、このマーカーに勝るものは今のところ無いかな?

 

ピンは結構こういった非売品のグッズを出していますが、それらがきちんと体系的に紹介されているサイトは無いので、まとめたら記事としては価値のあるものになりそうですよね。

 

当店がデータとして残しているのは割と最近のものが多いですが、余裕があったらまとめてみようと思っています。

50周年記念アンサー、ついに届きました!!!

一瞬で完売になってしまった50周年記念のアンサーですが、ようやく当店に入荷してきました!

なかなか物々しい箱に入ってきましたのでご紹介したいと思います。

 

image_0.jpg

 

箱の外観はドドーンとこんな感じ。

黒一色の高級感あるデザインです。

 

image_1.jpg

 

image_2.jpg

 

箱の表面にはPINGのロゴと50Years Anniversaryの文字が。

その上には「ORIGINAL 1966 ANSER TOOLING」と記載されています。

勿論「MADE IN USA」です!

 

image_3.jpg

 

箱を開けるとこんな感じです。

証明書とパター、オリジナルレザーカバーが付属します。

 

syuusei.jpg

 

image_7.jpg

 

image_10.jpg

 

証明書にはシリアルナンバーとジョン会長直筆のサイン。

証明書にはアンサーというパターが生まれた由来が書かれているんですが、親切なことにきちんと日本語訳された半透明のカードも付属していました。

 

image_13.jpg

 

image_14.jpg

 

image_17.jpg

 

なんともクールな本革のパターカバー。

このパターのみのオリジナル仕様です。ナチュラルな風合いがまた格好いいですね。

 

image_19.jpg

 

image_22.jpg

 

image_21.jpg

 

image_26.jpg

 

オリジナルのマンガン・ブロンズパターとはまた違う、独特な色合いのボディ。

フェース面のヒールとトゥにはタングステンウェイトが埋め込まれ、現在の高速グリーンでもしっかり使える実用的な仕様です。

 

予想以上に素晴らしいつくりで驚きました。

今回運よく手に入れることのできた方は本当に幸運だと思います。

ピンの新ジュニア用ドライバー『G812ドライバー』がピンUSA公式サイトに登場!

「Thrive」以降、ジュニア用のモデルはしばらく登場していなかったピンのクラブですが、今回新たにジュニア用の新ドライバーが登場することになったようです。

その名も…

 

G812ドライバー』!!

 

「812」は「8歳〜12歳」を指しているらしく、この年齢層のジュニアゴルファーのために開発された専用ドライバーの模様です。

気になる外観ですが…

 

 

 

 

こんな感じで、ソールのコスメティック以外は殆ど通常のGドライバーと変わりません。

ヘッド重量も195gとかなりありますし、日本のジュニアなら12歳と言わずもう少し先の年齢まで使えるかもしれませんね。

 

ちなみにその他のスペックですが、

 

ロフト:15度

長さ:41インチ

フェース素材:6-4チタン

ボディ素材:8-1-1チタン

スイングウェイト:A8

 

となっております。

 

また、同じジュニア用クラブの「Moxie」に付属するドライバーと比較した場合、上下方向のMOI(慣性モーメント)が37%増加、左右方向のMOIは25%増加している模様です。

 

 

 

相変わらず、という言い方も変な話ですが、相変わらずジュニア用でも手抜き無しのクラブに仕上がっています。

ピンのジュニア用クラブは日本でも発売されるかどうか微妙なことが多いのですが、もし発売されたら是非ゴルフに熱中しているお子様に紹介したいモデルですね。

 

他のジュニア用モデルのドライバーと比べ、G812ドライバーは大人用のモデルと殆ど変わらない機能を備えています。

タービュレーター、ドラゴンフライ・クラウン、そしてボーテック。

見た目もジュニア用とは思えないくらいクールですし、是非日本でも発売して欲しいものですね。

「スコア58」で優勝を果たしたステファン・イェーガーのゴールドパター。

こんばんは、ゴルフショップオカムラ管理人です。

今日もピン公式ツイッターからの話題です。

 

先日もブログでお届けした「50年前のオールドアンサーで『スコア58』を叩き出した(そして優勝した)」プロのステファン・イェーガーですが、今回晴れてゴールドパターをゲットできたらしく、喜びの写真がツイッターに載っていました。

 

 

 

いや〜、なんともいい笑顔をしてます(笑)。

50年前のパターで優勝するだけで大偉業なのに、スコア58を叩き出しての完全優勝ですから嬉しいのも当然でしょう。

恋人(イェーガーには美人の恋人がいます)も大喜びしていることでしょう。

 

個人的には、こういった偉業の場合は金メッキのパターではなく18金でも良いのではないかなーと思ったりします。

ピンというメーカーの魅力(その2)。

昨日のブログの続きにあたる記事です。

その1を読まれていない方はぜひご覧頂ければと思います。

 

では、現在のピンはどうでしょうか?

商品の発売サイクルも以前に比べて格段に短くなりましたし、デザインも無骨で機能優先なものではなく、洗練されたものに変わりつつあります。

 

しかし、昨年アメリカ本社に足を運んでみて、管理人は「カーステン氏の思想(カーステンイズム?)」が受け継がれていることを強く実感したことも事実です。

 

それは彼らが開発した「nFLIGHT」や「iPING」、当時開発中だった「nFLIGHT Motion」といったフィッティングに用いるソフト群からも当然感じたんですが…

それよりも、ピンの歴史や新商品開発に対する思いを語るスタッフの熱量の大きさから強く感じたんですね。

 

病み上がりで日本語がいまいち下手くそで申し訳ありませんが…

「うちの会社は凄いんだよ!いやマジで!」

というような得体のしれない迫力を感じたのを覚えています。

 

ちなみに、金銭的な目的だけで動いている会社の場合、こういうわけのわからない迫力はあまり生じないんですよね。

理屈で動いているのでそれなりの結果は出せると思うんですが、人を惹きつけられるかというとそうではない気がします。

 

特にゴルフクラブというのはロマンの塊のようなところがありますから、余計にこういう「わけのわからない迫力」が大事になるんじゃないかなと。

 

でないとブレード長が17センチもある、カバーがお弁当箱のような大きさのパターなんて開発しないでしょうしね(笑)。

(DOC17というモデルのことです)

 

ババさんことババ・ワトソンがピンと契約したのも、ピンの破天荒な部分が彼の性格によくフィットしているのではないかと思います。

 

スケールの大きい考え方で動いているメーカーなので、毎回優等生のようなクラブを作っているとは言いがたいです。

しかし、そういった破天荒な部分もピンの魅力ではないかなと最近思うようになりました。

パイオニア(開拓者)というのはどこかにそういう部分があるものでしょうしね。

 

願わくば今の破天荒なまま、ピンには突き進んでもらいたいな〜と思っています。

ピンというメーカーの魅力(その1)。

実は管理人、今週の頭からインフルエンザでダウンしておりまして…

いつものように時間をかけた濃いネタを提供できず申し訳ない限りです。

たまにはちょっと趣を変えて、管理人が感じているピンというメーカーの魅力について、短いながらも語ってみたいと思います。

 

ピンというメーカーの魅力で管理人が最初に思いつくのは…

やはりフィッティング(を主とした「スコアアップに対する貪欲な姿勢」)ですね。

普通に、というか合理的に考えれば、スコアアップのために体格やスイングに合ったクラブを仕立てるというのはごく当たり前の考えだと思うんですよ。

でも、それをいざビジネスに落とし込むとなると費用やマンパワーの面で様々な問題が浮上します。

 

フィッティングをして体格・スイングに合ったクラブを作ってあげればユーザーのスコアが上がるのはわかっているにも関わらず、これが足かせになって他メーカーは今まで手を出してこなかったわけです。

でもピンはその一線を軽々と超えた。それは何故かといったら、創業者カーステン氏自身のスタンスがユーザー寄りであるというのがまず挙げられると思います。

「自分がユーザーだったらこんなパターがほしい」

それを形にしたのが「1-A」であり「アンサー」であるわけで…

そういう意味でピンは非常に純粋な動機からスタートしているメーカーなわけです。

 

もちろんカーステン氏は経営者としても非凡な方で、ピンというブランドを広めるために様々な施策を打ってきました。

テレビ映りを意識して、パターのキャビティ部に大きく「PING」のロゴを入れるといった細かな戦術まで考案しています。

 

しかし、氏の思想の根底には「自分のゴルフをより楽しいものにしたい」という純粋な動機がいつもあったように思えてならないんですね。

その心というか思想に惹かれたからこそ、50年もの間ピンというメーカーは廃れることなく永らえ続けているんじゃないかなと。

 

管理人はそう思うのですが、皆さんはいかがでしょうか?

ピン初のメジャー勝利パターは当然「スコッツデール・アンサー」です!

本サイト掲載直後、即完売してしまった50周年記念モデルのアンサーですが、元祖である「スコッツデール・アンサー」はピンの歴史上初となるメジャー制覇を成し遂げたパターでもあります。

 

そのゴールドパターがピン公式ツイッターにも掲載されておりましたのでご紹介。

ちなみに大会名は1969年マスターズ、使用プロはジョージ・アーチャーです。

 

 

 

いかがでしょうか。

ちなみにキャビティ部分にはしっかり「SCOTTSDALE ANSER」と入っていますが、実を言うとこれ、1969年当時に発売されていたアンサーの刻印とは異なるんですよ。

当時の刻印は3種類ありまして、そのどれにも「SCOTTSDALE ANSER」とは刻印されておりません。

なので、このパターは後に発売された復刻版をゴールドパターに仕立てたものということになりますね。

 

アメリカ出張の際、ジョン会長にも直接確認しましたが、ピン黎明期の頃はピカピカに磨いたパターを優勝者にプレゼントしていたとのこと。

ピンが有名になり勝利数が増えていくにしたがって、古い優勝パターも改めて金メッキにして保管庫に貯蔵したというのが真相かなという気がしています。

 

何にせよ、大変貴重な写真であることは間違いありません。

そして、こういったメーカーの歴史を形として残していくことにはとても重要な意義があると思いますね。

ジョン・K・ソルハイム氏がピン本社の社長になるようです。

今回はピンUSAの公式サイトからの情報です。

現在ピンの社長はダグ・ホーケン氏ですが、来年1月1日よりピンゴルフジャパン社長でもあったジョン・K・ソルハイム氏がピン本社の社長になることが決定したようです。

 

 

 

日本のゴルフ業界をある程度勉強している方が今回ピンの新社長になることで、今まで以上にファンの心理を掴む商品を発表してくれるのではないかと楽しみにしています。

これまで作られてきた中で最も高額なゴールドパターはどれ??

ピンのパターを使って優勝することでピンからプレゼントされる「ゴールドパター」。

今年発売された「Vaultパター」の名前の由来となっているので、今はご存知の方も多いかと思います。

(ゴールドパターの保管庫は英語で「Gold Putter Vault」と呼ばれているんです)

 

ちなみにこのゴールドパター、メジャー大会で優勝した場合は金メッキではなく純金製のパターになります

なので、通常のツアーで優勝するよりもメジャー大会で優勝した方が遥かに価値の高いゴールドパターになるわけですが…

 

さて、ここで問題です。

これまでピンが優勝者に送ってきたゴールドパターのうち、単価が最も高かったものはどれでしょうか?

 

その答えがアイルランドのゴルフ雑誌(だと思います)「Irish Golfer」2016年6月号のデジタル版に載っていました。

 

 

当然日本では発売されていない雑誌ですので、ある意味貴重な情報かと思います。

それがこちら。62〜63ページに掲載されていましたよ。

 

 

 

どどーん。

この雑誌によると、最も高額なゴールドパターは2007年の女子メジャー戦「マクドナルドLPGAチャンピオンシップ」で優勝を果たした「スーザン・ペターセン」の「Doc15」で、なんと3万ドル(300万円以上)だそうです。

 

Docシリーズの元祖である「Doc17」は、そのあまりの巨大さに世界的なゴルフルールが変更されたという逸話を持つパターですから、このパターを金無垢で作るとなると凄まじい金額になるのは当然といえば当然な気もします。

また、このパターってもともとアルミニウム合金製なので実際はかなり軽いんですよ。

 

打感も柔らかくて個人的には結構好きなパターだったんですが、このでかいパターを純金で作ったら凄まじい重さになるでしょうねぇ…

 

この雑誌にはほかにも「タイガー・ウッズが全米アマ優勝時に使用していたパターのゴールドパター版」なども掲載されていました。

 

ネットの海は広大なので、ちょっと調べていくだけで色々なことがわかりますね。

2016年現在、日本でもかなりピンが浸透してきていると思いますが、歩みを止めることなく情報をアピールしていきたいと思っています。